( サイバー・テロ )

此の日 秀一と亘は 最新鋭の原子力発電所の見学に来ていた
見学と言っても 実情は内閣調査室の槇村次官の指示に拠るものだった
与えられた情報としては この原子力発電所の稼動当初から
ちょくちょくメインコンピュータのシステムに入り込もうとする輩がいたのだが
此処最近 そのサイバー攻撃の質と量が激増し キナ臭いものを感じ取った内調が
俺達二人に 調査及び対策の検討を依頼して来たものである
ウィーン ウィーン ウィーン 亘が取り付けた 警戒システムが作動した
「 お呼びの様だぜ 」「 承知っ 」
「 秀一、先ずはこのパッドを両手で持ってみてくれ 」
「 どうだ 判るか? 」
「 おぅ 感覚は微弱だが なんとなく読み取れそうだ 」
オブザーバーとして同行している 内調の三木が 亘に囁いた
「 一体 沢嶋君は 今何をしているんですか? 」
「 電気信号は 波長の強弱を長い紐の様に綴ってるもんなんです
            秀一は今 その紐を手繰ってる最中と言った所ですか 」
「 まっ、ぶっちゃけ 人間受信機と言った具合ですよ 」
「 秀一 どうだ 発信源まで辿れそうか? 」
「 ああ もう少し待ってくれ 」
・・・
「 なんだか 色んな国のサーバーを渡り歩いてるぜ 」
「 うん、此処だろう、発信源はどうやら K国みたいだぜ 」
「 秀一 取りあえず あちらさんの情報を片っ端から引き出してもらえるか 」
「 判った、しかし 俺の記憶量にも限界ってもんがあるぜ 」
「 そうだな それじゃ 秘匿度の高い通信記録だけにしておこう 」
「 おう 」
「 三木さん、この後 あちらさんのシステムにウイルスでも送って
              しばらく 大人しくして貰おうと思うが どうする? 」
「 ウイルスって ハッキングするほどの てだれに通用するのか? 」
「 向こうも その辺は十分なセキュリティを張ってるんじゃないのか? 」
「 その辺は 心配御無用 秀一に掛かれば 一発でノックアウトですって 」
「 まっ、郵便受けに手紙を入れるか 相手の部屋で手紙を書くかの違いですわ 」
「 秀一、回線を切り替えるから こっちのメモリーに情報を落としてくれ 」
「 わかった 」
「 もういいか? 」「 おう いいぜ 」
「 じゃ 今度は俺の作ったウイルスを読み込んでくれ 」「 切り替えるぞ 」
「 亘、随分と短いんじゃね~か 」
「 だらだらと 長けりゃ良いってもんじゃねーんだよ 」
「 要は 見付けにくくて増殖さえすれば
      それに お前に任せれば セキュリティ対策は考えなくて良いからな 」
「 三木さん、やっちゃって良いかな? 」「 いいですよっ 」
「 お~い 秀一、OKが出たからプレゼントを贈ってやれ 」
「 さて、此れで暫くは 大人しくなんだろ 」
「 三木さん、秀一がかっぱらった情報は 貴方にお預けします 」
亘はメモリーデバイスを引き抜いて「 どうぞ 」と手渡した
ビーッ ビーッ ビーッ 館内にけたたましい音が鳴り響く
「 何だよ 」
コントロール・ルームのオペレーターが大声で叫ぶ
「 電源制御システムが コントロール不能です 」
亘も声を荒げて「 手動に切り替えろ 」
「 切り替えスイッチが利かないんです 」
「 たくぅ、・・ 」
亘は 急いで制御盤の裏側に廻ると ケーブルを引き出しては
「 こいつを切り離して 単独運転に移行する 」
「 秀一、もう一仕事やってくれ
       このバッテリーパックを繋いで時間を稼いでいる間に
                      小型発電機を用意させるから 」
実は、バッテリーパックはあくまでカモフラージュで
                 本当の電源は( 秀一 )自身であった
「 秀一、判ってんなっ 」「 ああ 」「 頼んだぜ 」
「 全く 電気が無けりゃ動かねー 発電所って如何なんだ 」
「 これも 多分あちらさんの 仕業じゃね~かなっ 」
「 物量で来られてちゃ 此方は二人だけだかん あたふたしちまうぜ 」
やがて 運びこまれた発電機を取り付け 要約 秀一は解放された
亘は 強い調子で言い放つ
「 三木さん、今回は何とか切り抜けましたが
           今後もサイバー攻撃は繰り替えされると思います 」
「 正直、最新鋭の原発にしては
        電源制御システム等が余りにもお粗末ですね 」
「 多田倉くん 君の意見は最もだ 直ちに改善を具申しよう 」
「 かぁ~ お役所の答弁ですね 本当に大丈夫なんですか 」
「 私も今回 身を持って経験したから その危うさは十分解っているつもりだよ 」







      ↑ブログトップへ




2017.02.20 Mon l リリカルSF小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://toxtu.blog.fc2.com/tb.php/82-de9c6e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)